7+BILINGUAL

TOEFLのリスニングの勉強法とは?

TOEFLの試験には、リスニングセクションがあります。
リスニングセクションで、より高いスコアを獲得するために、どのような勉強方法を行っていけば良いか紹介していきたいと思います。

 

やはり、まずは、たくさんの質の高い英語を聞くことが重要なのです。
それがよく聞き取れるようになるまで、何回も繰り返し同じCDを聞くことがポイントです。

 

聞き取れるようになったら、実際に過去の問題集を使って模擬試験を行うと良いでしょう。
一度流れただけで単語を聞き取るのも難しいですし、一度では暗記することは不可能だと思います。

 

そこで、ポイントとなってくるのが、メモですね。
聞こえてきた物をさっとメモをとることが重要なのです。

 

細かい人数や個数、場所を聞くような問題はあまりありませんが、会話全体の内容を把握しておくことで、問題に沿った解答をすることが出来るようになると思います。

 

しかし、メモをとることだけに集中してしまうと、問題の解答となるような重要な部分を聞き逃してしまうことにも成りかねないので注意して下さいね。

 

あとは、何度も同じ問題集などを繰り返し行って、毎日耳に英語を入れていきましょう。
毎日聞くのが嫌だからと言って英語から離れてしまうと、母国語ではないので、耳にしっかりと入ってこなくなってしまうのです。

 

ある程度聞き取れるようになったら、声に出してみるといいかもしれません。あまり知られていないのですが、声に出して発音することがリスニング能力を高めるための1つの方法だったりもするのです。